2014年6月9日月曜日

[.tested] Planex GW-450S 無線LANアダプタ [AX3][A7][A6]

Planex GW450Sは、802.11ac/n/aに対応した5GHz帯専用のUSB無線LANアダプタです。
Openblocks AX3およびA7での動作検証を行いました。


OBDN技術ブログによる動作検証は、該当するデバイスの動作を保証およびサポートを行うものではありません。
内容に関するご指摘などありましたら、ブログ記事の担当までご連絡下さい。

<検証環境>
OpenBlocks AX3/4 Debian 7.5 kernel: 3.2.54
OpenBlocks A7 Debian 7.5 kernel:3.2.54

1. 対応ドライバと事前準備


GW-450Sは、Reaktek 8811AUを採用しており、現在AX3およびA7/A6に搭載されたカーネル3.2.54ではサポートされていません。
Planex社の以下のページにおいて、開発者向け情報が公開されています。

開発者向け情報|無線LAN USBアダプタ|プラネックス:

ドライバのソースコードをこのページのリンクからダウンロードし、OpenBlocks向けにビルドする必要があります。
(2014/06/06現在、Reaktek社の製品情報ページからは8811Uの情報が検索出来ません)

Realtek社のチップセットに関しては、以下の記事で行った手順にて検証作業を行います。

[.tested] Planex GW-USValue-EZ/GW-USWExtreme/GW-USNano2 無線LANアダプタ [AX3][A6]

・カーネル構築環境の導入

本ドライバは、ビルドする際に、カーネルの構築環境を参照するため、build-essentialsによる開発環境の構築のみでは、ドライバのビルドが出来ません。
以下の手順を参考に、カーネルのソースを導入し、make modules_installまでを行っておく必要があります。

カーネルのカスタマイズ手順について(非公式版) [AX3][A6]

・ソースコードの入手と展開

展開には、unzipが必要となります。

# aptitude install unzip

上記、Planex社の開発者向け情報より、Linux版のソースコードを入手します
ダウンロードしたファイルは以下の手順で解凍してください。

# unzip gw-450s_driver_linux_v424.zip
# cd gw-450s_driver_linux_v424
# unzip RTL8811AU_linux_v4.2.4_9533.20131209.zip

このパッケージは、ターゲットが対応する機器ならば、作成されたディレクトリへ移動し、
install.shによりインストールが行えるのですが、Openblocksは対応機器にありませんので、
以下の手順によりドライバパッケージのコンパイルおよびインストールを行います。

# cd RTL8811AU_linux_v4.2.4_9533.20131209
# cd driver
# tar xvzf rtl8811AU_linux_v4.2.4_9533.20131209.tar.gz
# cd rtl8811AU_linux_v4.2.4_9533.20131209

Makefileを編集します。
同じバージョンのドライバパッケージを使用する場合は、以下のdiff出力をpatch適用して下さい。
アップデートにより内容が変更されている場合は、参考にして書き換えてください。

# diff -u Makefile.orig Makefile
--- Makefile.orig       2014-06-06 10:02:14.427254000 +0900
+++ Makefile    2014-06-06 10:05:18.947254000 +0900
@@ -52,7 +52,8 @@
 CONFIG_LOAD_PHY_PARA_FROM_FILE = y
 CONFIG_ODM_ADAPTIVITY = n

-CONFIG_PLATFORM_I386_PC = y
+CONFIG_PLATFORM_I386_PC = n
+CONFIG_PLATFORM_OBS_ARM = y
 CONFIG_PLATFORM_ANDROID_X86 = n
 CONFIG_PLATFORM_JB_X86 = n
 CONFIG_PLATFORM_ARM_S3C2K4 = n
@@ -709,6 +710,17 @@
 CROSS_COMPILE ?=
 KVER  := $(shell uname -r)
 KSRC := /lib/modules/$(KVER)/build
+MODDESTDIR := /lib/modules/$(KVER)/kernel/drivers/net/wireless/
+INSTALL_PREFIX :=
+endif
+
+ifeq ($(CONFIG_PLATFORM_OBS_ARM), y)
+EXTRA_CFLAGS += -DCONFIG_LITTLE_ENDIAN
+SUBARCH := $(shell uname -m | sed -e s/i.86/i386/)
+ARCH ?= arm
+CROSS_COMPILE ?=
+KVER  := $(shell uname -r)
+KSRC := /lib/modules/$(KVER)/build
 MODDESTDIR := /lib/modules/$(KVER)/kernel/drivers/net/wireless/
 INSTALL_PREFIX :=
 endif

また、本デバイスのデバイスIDをドライバソースコードに追加する必要があります。
os_dep/linux/usb_intf.cを編集し、RTL8821Aの項目にデバイスIDを追加登録してください。

#ifdef CONFIG_RTL8821A
        /*=== Realtek demoboard ===*/
        {USB_DEVICE(USB_VENDER_ID_REALTEK, 0x0811),.driver_info = RTL8821},/* Default ID */
        {USB_DEVICE(USB_VENDER_ID_REALTEK, 0x0821),.driver_info = RTL8821},/* Default ID */
        {USB_DEVICE(USB_VENDER_ID_REALTEK, 0x8822),.driver_info = RTL8821},/* Default ID */
        /*=== Customer ID ===*/
        {USB_DEVICE(0x7392, 0xA811),.driver_info = RTL8821}, /* Edimax - Edimax */
        {USB_DEVICE(0x04BB, 0x0953),.driver_info = RTL8821}, /* I-O DATA - Edimax */
        {USB_DEVICE(0x2001, 0x3314),.driver_info = RTL8821}, /* D-Link - Cameo */
        {USB_DEVICE(0x2001, 0x3318),.driver_info = RTL8821}, /* D-Link - Cameo */
        {USB_DEVICE(0x0E66, 0x0023),.driver_info = RTL8821}, /* HAWKING - Edimax */
        {USB_DEVICE(0x2019, 0xAB32),.driver_info = RTL8821}, /* Planex - Abocom */
#endif

変更後、make および installを行います。

# make install

デバイスをUSBポートに差し込めば認識します。
デバイスは、/dev/wlan0となります。

起動時に立ち上がらない場合は、
/etc/modulesに
8821au
を追加してください。

本ドライバは、そのままmake するとデバッグメッセージをconsoleに表示しますので、console作業等で気になる場合は、include/autoconf.hにおいて、DEBUGもしくはDBGと書かれたdefine行をコメントアウトすることにより抑止出来ます。

2. wpasupplicantパッケージの導入および設定


以下の記事を参照して下さい。

[.tested] Logitec LAN-W150N/U2WH(BK) 無線LANアダプタ [AX3]

本製品は5GHz帯専用の製品ですので、AP側も対応したものを使用する必要があります。

以下の通り、クライアントモードでの動作を確認しました。

# ifconfig wlan0
wlan0     Link encap:Ethernet  HWaddr 00:22:cf:eb:8d:2b
          inet addr:192.168.10.107  Bcast:192.168.10.255  Mask:255.255.255.0
          inet6 addr: fe80::222:cfff:feeb:8d2b/64 Scope:Link
          UP BROADCAST RUNNING MULTICAST  MTU:1500  Metric:1
          RX packets:19492 errors:0 dropped:3063 overruns:0 frame:0
          TX packets:2187 errors:0 dropped:4 overruns:0 carrier:0
          collisions:0 txqueuelen:1000
          RX bytes:172328795 (164.3 MiB)  TX bytes:4108434 (3.9 MiB)

# iwconfig wlan0
wlan0     IEEE 802.11an  ESSID:"******"  Nickname:"<WIFI@REALTEK>"
          Mode:Managed  Frequency:5.18 GHz  Access Point: 00:1D:73:C2:F2:A0
          Bit Rate:150 Mb/s   Sensitivity:0/0
          Retry:off   RTS thr:off   Fragment thr:off
          Encryption key:****-****-****-****-****-****-****-****   Security mode:open
          Power Management:off
          Link Quality=48/100  Signal level=56/100  Noise level=0/100
          Rx invalid nwid:0  Rx invalid crypt:0  Rx invalid frag:0
          Tx excessive retries:0  Invalid misc:0   Missed beacon:0

3. さいごに


今回は、クライアント接続のみのテストとしています。
AP化や、WPSボタンの使用方法に関しては、前回の記事を参考に試してみてください。

0 件のコメント:

コメントを投稿