2014年6月9日月曜日

[.tested] Planex GW-450D 無線LANアダプタ [AX3][A7][A6]

Planex GW-450Dは、802.11ac/n/a/g/bに対応したUSB無線LANアダプタです。
GW-450Dは、写真の小型のタイプと、稼働式アンテナのついたGW-450D KATANAがありますが、アンテナ以外は同一の設計の製品と思われます。
Openblocks AX3およびA7での動作検証を行いました。


OBDN技術ブログによる動作検証は、該当するデバイスの動作を保証およびサポートを行うものではありません。
内容に関するご指摘などありましたら、ブログ記事の担当までご連絡下さい。

<検証環境>
OpenBlocks AX3/4 Debian 7.5 kernel: 3.2.54
OpenBlocks A7 Debian 7.5 kernel:3.2.54

1. 対応ドライバと事前準備


GW-450Dは、MediaTek MT7610Uを採用しており、現在AX3およびA7/A6に搭載されたカーネル3.2.54ではサポートされていません。
Planex社の以下のページにおいて、開発者向け情報が公開されています。

開発者向け情報|無線LAN USBアダプタ|プラネックス:

ドライバのソースコードは、上記のページよりダウンロードできますが、今回はチップセットメーカであるMediaTek社のホームページよりダウンロードし、OpenBlocks向けにビルドしました。

・カーネル構築環境の導入

本ドライバは、ビルドする際に、カーネルの構築環境を参照するため、build-essentialsによる開発環境の構築のみでは、ドライバのビルドが出来ません。
以下の手順を参考に、カーネルのソースを導入し、make modules_installまでを行っておく必要があります。

カーネルのカスタマイズ手順について(非公式版) [AX3][A6]

・ソースコードの入手と展開

以下のページの、7610U USBよりファイルをダウンロードして下さい。

Downloads - MediaTek:

ダウンロードしたファイルは以下の手順で解凍してください。

# tar jxfv mt7610u_wifi_sta_v3002_dpo_20130916.tar.bz2
# cd mt7610u_wifi_sta_v3002_dpo_20130916

common/rtusb_dev_id.cを編集します。
同じバージョンのドライバパッケージを使用する場合は、以下のdiff出力をpatch適用して下さい。
アップデートにより内容が変更されている場合は、参考にして書き換えてください。

diff -u rtusb_dev_id.c.orig rtusb_dev_id.c
--- rtusb_dev_id.c.orig 2014-06-09 15:18:30.209980000 +0900
+++ rtusb_dev_id.c      2014-06-09 15:19:43.299980000 +0900
@@ -36,6 +36,7 @@
 /* module table */
 USB_DEVICE_ID rtusb_dev_id[] = {
 #ifdef MT76x0
+       {USB_DEVICE(0x2019,0xab31)}, /* MT7610U */
        {USB_DEVICE(0x148F,0x7610)}, /* MT7610U */
        {USB_DEVICE(0x0E8D,0x7610)}, /* MT7610U */
        {USB_DEVICE_AND_INTERFACE_INFO(0x0E8D, 0x7630, 0xff, 0x2, 0xff)}, /* MT7630U */

os/linux/config.mkを編集し、wpa_supplicantのサポートをyにします。

# diff -u config.mk.orig config.mk
--- config.mk.orig      2014-06-09 15:22:00.759980000 +0900
+++ config.mk   2014-06-09 15:22:17.039980000 +0900
@@ -23,12 +23,12 @@

 # Support Wpa_Supplicant
 # i.e. wpa_supplicant -Dralink
-HAS_WPA_SUPPLICANT=n
+HAS_WPA_SUPPLICANT=y


 # Support Native WpaSupplicant for Network Maganger
 # i.e. wpa_supplicant -Dwext
-HAS_NATIVE_WPA_SUPPLICANT_SUPPORT=n
+HAS_NATIVE_WPA_SUPPLICANT_SUPPORT=y

 #Support Net interface block while Tx-Sw queue full
 HAS_BLOCK_NET_IF=n

変更後、make および installを行います。

# make install

README_STA_usbを参考に、コンフィギュレーションファイルをコピーします。

# mkdir /etc/Wireless/RT2870STA
# cp RT2870STA.dat  /etc/Wireless/RT2870STA/RT2870STA.dat

A7の場合は、デバイスをUSBポートに差し込めば認識するのですが、AX3の場合は、ubootが設定したvmallocのサイズの関係で、ドライバがvmallocに失敗したというメッセージを出し、起動しません。
起動時に一旦ubootに入り、

# openblocks> setenv miscargs vmalloc=200M

として、拡張する必要がありました。

デバイスは、/dev/ra0となります。

ra0       Link encap:Ethernet  HWaddr 00:22:cf:e2:4d:39
          inet addr:192.168.10.95  Bcast:192.168.10.255  Mask:255.255.255.0
          inet6 addr: fe80::222:cfff:fee2:4d39/64 Scope:Link
          UP BROADCAST RUNNING MULTICAST  MTU:1500  Metric:1
          RX packets:247723 errors:9 dropped:0 overruns:0 frame:0
          TX packets:1591 errors:0 dropped:0 overruns:0 carrier:0
          collisions:0 txqueuelen:1000
          RX bytes:62913475 (59.9 MiB)  TX bytes:128084 (125.0 KiB)

起動時に立ち上がらない場合は、
/etc/modulesに
mt7650u_sta
を追加してください。

2. wpasupplicantパッケージの導入および設定


以下の記事を参照して下さい。

[.tested] Logitec LAN-W150N/U2WH(BK) 無線LANアダプタ [AX3]

以下の通り、クライアントモードでの動作を確認しました。

# iwconfig ra0
ra0       Ralink STA  ESSID:"******"  Nickname:"MT7610U_STA"
          Mode:Managed  Frequency=2.412 GHz  Access Point: 00:1D:73:C2:F4:00
          Bit Rate=108 Mb/s
          RTS thr:off   Fragment thr:off
          Encryption key:9394-8D4B-D889-F2A3-0EF7-E943-73A8-719C [3]   Security mode:open
          Link Quality=64/100  Signal level:-73 dBm  Noise level:-73 dBm
          Rx invalid nwid:0  Rx invalid crypt:0  Rx invalid frag:0
          Tx excessive retries:0  Invalid misc:0   Missed beacon:0

3. さいごに


今回は、クライアント接続のみのテストとしています。
AP化に関しては、hostapdが本アダプタをサポートしておらず、また、realtek社の様に専用のhostapdの配布もされていないため、今回は特に追いかけていません。
新たな情報が入り次第、追記させていただきます。

0 件のコメント:

コメントを投稿