2014年2月25日火曜日

[.tested] RATOC REX-USB56 USBモデム [debian Wheezy][AX3][A7]

REX-USB56は、USB接続のアナログモデムです。 
OpenBlocks Aシリーズでの接続検証を行いました。


OBDN技術ブログによる動作検証は、該当するデバイスの動作を保証およびサポートを行うものではありません。
内容に関するご指摘などありましたら、ブログ記事の担当までご連絡下さい。

<検証環境>
Debian 7.0 Wheezy
OpenBlocks AX3/4 kernel: 3.2.40
OpenBlocks A7 kernel: 3.2.40

<使用機器>
OpenBlocks AX3
OpenBlocks A7
REX-USB56

1. 対応ドライバと事前準備


本デバイスは、Conexant USB MODEM CX93010 chipを採用しており、cdc_acm driverでサポートされています。
本デバイスを使用するための特別な設定は必要ありません。

dmesgの出力

usb 1-1.1: new full-speed USB device number 7 using orion-ehci
usb 1-1.1: New USB device found, idVendor=0572, idProduct=1321
usb 1-1.1: New USB device strings: Mfr=1, Product=2, SerialNumber=3
usb 1-1.1: Product: USB Modem
usb 1-1.1: Manufacturer: Conexant
usb 1-1.1: SerialNumber: 24680246
cdc_acm 1-1.1:1.0: ttyACM0: USB ACM device

lsusbの出力
# lsusb
Bus 001 Device 007: ID 0572:1321 Conexant Systems (Rockwell), Inc.

minicomにより、ATコマンドの受付を確認しました。

2. PPP接続の方法 (接続未確認)


接続は、他のモバイル通信アダプタと同様、pppconfigで設定を行います。

pppconfigをインストールします。

# aptitude install pppconfig

pppconfigの設定は以下の通りです。

Provider Name  xxx
Configure Nameservers (DNS)  Dynamic
Authentication Method for test  PAP
User Name  アカウント名(*1)
Password  パスワード(*1)
Speed  115200
Pulse or Tone  Tone
Phone Number
 xxx-xxx-xxxxx
Choose Modem Config Method  No
Select Modem Port  Manual
Manually Select Modem Port  /dev/ttyACM0

(*1) プロバイダより提供されたアカウント名、パスワードを使用してください。
(*2) プロバイダより提供された番号を使用してください。

eth0や他のインタフェースが有効になっている場合は、/etc/ppp/peers/xxxに、以下の行を加えることにより、defaultrouteが変更されます。

replacedefaultroute


一般的には、上記の設定で接続出来るはずです。

はずです、と書いたのは、現在当社もしくは私個人には、アナログのダイヤルアップ接続先の契約がないことと、当社の電話回線の設定で、0088番で始まる契約フリーな接続サービスへの発呼も出来ないことが原因です。

そのため、本デバイスの通信機能に関しては、次項の通り、fax送信により行いました。

3. efaxによるfax送信による検証


REX-USB56は、G3 FAXにも対応していますので、efaxにより設定を行いました。

efaxをインストールします。

# aptitude install efax

efaxの設定は、送信のテストのみのため、最低限の設定のみ行っています。


 :
DEV=ttyACM0
 :
FROM="+81 3 3xxx xxxx"

NAME="PLAT'HOME OBDN_Magazine"

TELCVT='sed -e s/+81 */0/'            # JP

DIALPREFIX="P"



postscript形式のファイルを用意し、送信してみます。

#fax send -v <発信先電話番号> test.ps

psファイルは、ghostscriptなどを使用してpdfファイル等から変換してもいいでしょう。

上記の手順にてfax送信を行い、受信を確認しました。

4. さいごに


 今回は、モデムの各種設定や、発呼、fax送信までの確認を行いました。
 検証としては、不完全な状況ですが、お貸出の期限もあるため、今回はここまでとします。



0 件のコメント:

コメントを投稿