2013年12月11日水曜日

[.tested] OpenBlocks AX3/A7 OpenSSLベンチマーク [debian Wheezy][AX3][A7]

OpenSSLは、DebianのパッケージよりUbuntuの方が40%前後良い結果になるのですが、原因はコンパイルオプションの違いによるものと思われます。
今回、マイクロサーバ技術課にてDebianのOpenSSLを再構築、速度検証を行った結果を、当blogにて報告します。

<検証環境>
OpenBlocks AX3/4 Debian 7.1 kernel: 3.2.40
OpenBlocks AX7 Debian 7.1 kernel: 3.2.40

OBDN技術ブログによる動作検証は、該当するソフトウェアの動作を保証およびサポートを行うものではありません。
内容に関するご指摘などありましたら、ブログ記事の担当までご連絡下さい。

1.OpenSSLの作成


開発環境の準備

SSD併用モードの検証機を用意します。
以下のコマンドを入力して、ビルド環境を作成します。

# apt-get install build-essential devscripts
# apt-get build-dep openssl
# apt-get source opnessl


OpenSSLのビルド

configはデフォルトで。

# cd openssl-1.0.1e
# ./config
# make


2.ベンチマーク


以下のopensslのオプションコマンドによるベンチマークを行いました。

# openssl speed md5 sha rc4 aes-128-cbc aes-256-cbc -elapsed

elapsedオプション このオプションを付けた場合は、経過時間に実時間を使用します。
付けない場合は、経過時間にユーザ時間を使用します。
( timeコマンドでいうところのrealを使うかuserを使うかの違いです。)


# time
real 0m0.000s
user 0m0.000s
sys 0m0.000s

AX3

MD5

16 bytes 64 bytes 256 bytes 1024 bytes 8192 bytes
original 3959.72k 14570.50k 45317.27k 96043.04k 142521.75k
rebuild 3176.47k 11748.89k 38143.49k 86815.81k 139127.92k

SHA


SHA1
16 bytes 64 bytes 256 bytes 1024 bytes 8192 bytes
original 4118.90k 13892.91k 37209.22k 64278.28k 81364.79k
rebuild 3258.12k 11657.12k 35595.82k 73223.14k 105856.43k

SHA256
16 bytes 64 bytes 256 bytes 1024 bytes 8192 bytes
original 1185.47k 2831.95k 21233.46k 27692.57k 30383.88k
rebuild 9166.13k 22245.57k 40425.80k 50926.48k 55104.13k

SHA512
16 bytes 64 bytes 256 bytes 1024 bytes 8192 bytes
original 1001.78k 4010.72k 5859.25k 8083.48k 9087.40k
rebuild 2900.56k 11631.05k 16581.49k 22607.95k 25313.55k

RC4

16 bytes 64 bytes 256 bytes 1024 bytes 8192 bytes
original 76616.54k 92183.77k 99732.75k 101792.74k 101980.87k
rebuild 86311.48k 97458.94k 101188.81k 102165.26k 101828.47k

AES


AES 128 CBC
16 bytes 64 bytes 256 bytes 1024 bytes 8192 bytes
original 19698.47k 24733.85k 26619.24k 27161.86k 27324.81k
rebuild 37864.58k 48231.72k 52411.28k 53509.61k 53727.00k

AES 256 CBC
16 bytes 64 bytes 256 bytes 1024 bytes 8192 bytes
original 15526.19k 18610.97k 19649.15k 19927.86k 20001.00k
rebuild 31212.60k 37900.44k 40606.87k 41398.18k 41575.08k
A7

MD5

16 bytes 64 bytes 256 bytes 1024 bytes 8192 bytes
original 1498.52k 5339.41k 15721.63k 30893.06k 42628.34k
rebuild 1175.85k 4268.61k 13349.97k 28286.55k 42101.42k

SHA


SHA1
16 bytes 64 bytes 256 bytes 1024 bytes 8192 bytes
original 1297.46k 4093.24k 10183.34k 16189.44k 19507.88k
rebuild 1140.14k 3761.33k 9810.09k 16310.86k 20307.97k

SHA256
16 bytes 64 bytes 256 bytes 1024 bytes 8192 bytes
original 1185.47k 2831.95k 5132.54k 6406.29k 6927.70k
rebuild 2689.97k 6131.58k 10653.60k 13119.15k 14002.60k

SHA512
16 bytes 64 bytes 256 bytes 1024 bytes 8192 bytes
original 153.51k 617.22k 871.08k 1195.69k 1349.91k
rebuild 729.19k 2926.45k 4139.18k 5635.75k 6278.72k

RC4

16 bytes 64 bytes 256 bytes 1024 bytes 8192 bytes
original 22444.42k 25887.09k 27038.89k 27221.73k 27396.78k
rebuild 22965.96k 26169.81k 27001.28k 27336.02k 27303.04k

AES


AES 128 CBC
16 bytes 64 bytes 256 bytes 1024 bytes 8192 bytes
original 4880.32k 5504.11k 5666.79k 5733.38k 5720.79k
original 7606.46k 8501.16k 8808.19k 8854.03k 8899.24k

AES 256 CBC
16 bytes 64 bytes 256 bytes 1024 bytes 8192 bytes
original 3751.82k 4089.11k 4202.92k 4214.39k 4232.53k
rebuild 5890.15k 6452.46k 6589.41k 6650.88k 6660.10k
3.検証結果から


AX3
  • AESは2倍程度高速となります。
  • MD5は遅くなります。
  • RC4, SHA1は大きく変わりません。SHA256, SHA512は数倍高速となります。
A7
  • AESは3割程度高速となります。
  • MD5は遅くなります。
  • RC4, SHA1は大きく変わりません。SHA256, SHA512は数倍高速となります。

暗号化アルゴリズム単位で指定できるので、MD5を指定しない前提であれば、リビルドをすることにより速度向上を見込めます。

0 件のコメント:

コメントを投稿