2013年9月5日木曜日

【.tested】 REX-USBDVI2+LCD-8000U2 マルチディスプレイ設定について [Debian Wheezy][AX3]



前回、CENTURY plus one LCD-8000U2の検証を行いましたが、本製品と、Displaylink社のチップセットを使用した、RATOC REX-USBDVI2 USBディスプレイアダプタとのマルチディスプレイ表示設定を行ってみました。
なお、今回AX3およびA6にてテストは行っておりますが、A6では2つめのディスプレイデバイスを認識しますが、正常に動作しません。そのため、今回の検証結果からは外しています。


OBDN技術ブログによる動作検証は、該当するハードウェアの動作を保証およびサポートを行うものではありません。
内容に関するご指摘などありましたら、ブログ記事の担当までご連絡下さい。

<検証環境>
Debian 7.1 Wheezy
OpenBlocks AX3/4 kernel: 3.2.40
OpenBlocks A6 kernel: 3.2.40

<使用機器>
OpenBlocks AX3 DPパッケージ (もしくは、SSD搭載モデル)
OpenBlocks A6 DPパッケージ (もしくは、SSD搭載モデル)
RATOC REX-USBDVI2 USBディスプレイアダプタ
CENTURY plus one LCD-8000U2 USB接続サブモニター
OKI Minikeyboard Pro ポインティングデバイス付きミニキーボード

1. ドライバの準備


基本的な設定に関しては、

【.tested】RATOC REX-USBDVI2 ディスプレイアダプタ [Debian Wheezy][AX3][A6] 

を参考にして下さい。
同じ環境で、REX-USBDVI2とLCD-8000Uが認識され、それぞれ/dev/fb0、/dev/fb1が割り当てられます。

dmesgの表示は以下の通りです。(AX3の場合)

udlfb: DisplayLink REX-USBDVI2 - serial #240450
udlfb: vid_17e9&pid_0129&rev_0001 driver's dlfb_data struct at f09d5000
udlfb: console enable=1
udlfb: fb_defio enable=1
udlfb: shadow enable=1
udlfb: vendor descriptor length:29 data:29 5f 01 0027 00 04 04 01 00 03
udlfb: DL chip limited to 2360000 pixel modes
udlfb: allocated 4 65024 byte urbs
mousedev: PS/2 mouse device common for all mice
udlfb: 1280x1024 valid mode
udlfb: 720x400 valid mode
udlfb: 640x480 valid mode
udlfb: 640x480 valid mode
udlfb: 640x480 valid mode
udlfb: 640x480 valid mode
udlfb: 800x600 valid mode
udlfb: 800x600 valid mode
udlfb: 800x600 valid mode
udlfb: 800x600 valid mode
udlfb: 832x624 valid mode
udlfb: 1024x768 valid mode
udlfb: 1024x768 valid mode
udlfb: 1024x768 valid mode
udlfb: 1280x1024 valid mode
udlfb: 1152x864 valid mode
udlfb: 1280x1024 valid mode
udlfb: 1280x960 valid mode
udlfb: 1152x864 valid mode
udlfb: Reallocating framebuffer. Addresses will change!
udlfb: 1280x1024 valid mode
udlfb: set_par mode 1280x1024
udlfb: DisplayLink USB device /dev/fb0 attached. 1280x1024 resolution. Using 5120K framebuffer memory
udlfb: DisplayLink LCD-8000U2 - serial #825785
udlfb: vid_17e9&pid_01bb&rev_0106 driver's dlfb_data struct at e3a1c000
udlfb: console enable=1
udlfb: fb_defio enable=1
udlfb: shadow enable=1
udlfb: vendor descriptor length:17 data:17 5f 01 0015 05 00 01 03 00 04
udlfb: DL chip limited to 1500000 pixel modes
udlfb: allocated 4 65024 byte urbs
udlfb: 800x600 valid mode
udlfb: Reallocating framebuffer. Addresses will change!
udlfb: 800x600 valid mode
udlfb: set_par mode 800x600
udlfb: DisplayLink USB device /dev/fb1 attached. 800x600 resolution. Using 1880K framebuffer memory
usbcore: registered new interface driver udlfb

fbsetは、それぞれ以下の値を返します。

# fbset -i -fb /dev/fb0

mode "1280x1024-60"
    # D: 108.003 MHz, H: 63.983 kHz, V: 60.021 Hz
    geometry 1280 1024 1280 1024 16
    timings 9259 248 48 38 1 112 3
    hsync high
    vsync high
    rgba 5/11,6/5,5/0,0/0
endmode

Frame buffer device information:
    Name        : udlfb
    Address     : 0xfa402000
    Size        : 2621440
    Type        : PACKED PIXELS
    Visual      : TRUECOLOR
    XPanStep    : 0
    YPanStep    : 0
    YWrapStep   : 0
    LineLength  : 2560
    Accelerator : No

# fbset -i -fb /dev/fb1

mode "800x600-75"
    # D: 50.000 MHz, H: 47.348 kHz, V: 74.565 Hz
    geometry 800 600 800 600 16
    timings 20000 46 190 13 12 20 10
    rgba 5/11,6/5,5/0,0/0
endmode

Frame buffer device information:
    Name        : udlfb
    Address     : 0xf1a81000
    Size        : 962560
    Type        : PACKED PIXELS
    Visual      : TRUECOLOR
    XPanStep    : 0
    YPanStep    : 0
    YWrapStep   : 0
    LineLength  : 1600
    Accelerator : No
root@obsax3:~#

2. X環境のインストールと設定


基本的な設定に関しては、

【.tested】RATOC REX-USBDVI2 ディスプレイアダプタ [Debian Wheezy][AX3][A6] 
【.tested】CENTURY plus one LCD-8000U2 USB接続サブモニター [Debian Wheezy][AX3][A6]

を参考にして下さい。

・X11パッケージの導入

X11の環境のインストールは以下の通りです。

# aptitude install xorg

3.マルチディスプレイ環境の設定


gnomeなどで、xrandr系のツールを使う方法が良く書かれていますが、本環境では、2つめのデバイスが認識されないようです。
そのため、xorg.confを以下の様に記述します。

・xorg.confの設定

Section "ServerLayout"
Identifier "Default Layout"
Screen 0 "Default Screen"
Screen 1 "Screen-8000" RightOf "Default Screen"
EndSection

# REX-USBDVI2

Section "Device"
Identifier "Configured Video Device"
Driver       "fbdev"
Option "fbdev" "/dev/fb0"
EndSection

Section "Monitor"
Identifier "Configured Monitor"
EndSection

Section "Screen"
Identifier "Default Screen"
Monitor "Configured Monitor"
Device "Configured Video Device"
EndSection

Section "ServerFlags"
Option "DontZap" "False"
EndSection

# LCD-8000U2

Section "Device"
Identifier "LCD8000U2"
Driver "fbdev"
Option "fbdev" "/dev/fb1"
EndSection

Section "Monitor"
Identifier "Monitor-8000"
EndSection

Section "Screen"
Identifier "Screen-8000"
Device "LCD8000U2"
Monitor "Monitor-8000"
EndSection

上記の設定で、メインスクリーンが、:0.0 、サブスクリーンが:0.1となります。

ただし、この設定でgnome3を導入すると、メインスクリーンのステータス表示やメニュー表示に不具合が出るため、一つの解決方法として、

Option  "Xinerama" "true"
を設定しました。
この設定により、メインスクリーンに対してサブスクリーンが右側に追加された状態で1つのスクリーンとして扱われます。

Section "ServerLayout"
Identifier "Default Layout"
Screen 0 "Default Screen"
Screen 1 "Screen-8000" RightOf "Default Screen"
Option  "Xinerama" "true"
EndSection

4. Xの起動のテスト


# xinit

として、xを起動し、画面表示、入力デバイスの入力を確認してください。

5.さいごに


今回は、Debian Wheezy環境にてRATOC社のREX-UDBDVI2と、Century社製USBサブモニタのマルチディスプレイ環境の設定検証を行いました。

0 件のコメント:

コメントを投稿