2013年5月10日金曜日

[.tested] docomo L-03D [debian Wheezy][AX3][A6]



docomo L-03Dは、LTEおよび3Gに対応したUSBモバイル通信アダプタです。
このデバイスに関しては、AX3/A6ともに、Debian 6.0 (squeeze)ベースのファームウェアでのデバイス評価は行ってきましたが、先日β公開されたDebian 7 (Wheezy)環境において、改めて評価作業を行いました。
また、今回は、IIJmioの高速モバイル/D SIMによる接続を行います。


OBDN技術ブログによる動作検証は、該当するデバイスの動作を保証およびサポートを行うものではありません。
内容に関するご指摘などありましたら、ブログ記事の担当までご連絡下さい。

<検証環境>
Debian 7.0 Wheezy
OpenBlocks AX3/4 kernel: 3.2.36
OpenBlocks A6 kernel: 3.2.36

<使用機器>
OpenBlocks AX3
OpenBlocks A6
docomo L-03D 「Xi」対応USBデータカード
IIJmio 高速モバイル/D SIM


1. 対応ドライバと事前準備


本デバイスは、ゼロインストール機能を持つため、起動時(もしくはUSBに接続を行った時)はCD-ROMデバイスとして認識されます。

usb 1-1.3: new high-speed USB device number 3 using orion-ehci
usb 1-1.3: New USB device found, idVendor=1004, idProduct=6327
usb 1-1.3: New USB device strings: Mfr=1, Product=2, SerialNumber=4
usb 1-1.3: Product: docomo L03D
usb 1-1.3: Manufacturer: NTT DOCOMO, INC.
usb 1-1.3: SerialNumber: LGELTE10046327
scsi2 : usb-storage 1-1.3:1.0
scsi 2:0:0:0: CD-ROM            LG       Autorun          2.00 PQ: 0 ANSI: 0
 :
sr0: scsi-1 drive
cdrom: Uniform CD-ROM driver Revision: 3.20
sr 2:0:0:0: Attached scsi CD-ROM sr0
sd 0:0:0:0: Attached scsi generic sg0 type 0
sr 2:0:0:0: Attached scsi generic sg1 type 5

このモードを変更するためには、usb_modswitchを使用します。

# aptitude install usb-modeswitch

Debian 7.0 Wheezyのusb-modswitchパッケージには、L-03Dについての設定がすでに登録されているため、パッケージインストールのみで通信が可能になります。

また、上記パッケージと共に提供される3.2.36カーネルのusbserial/optionドライバは本デバイスのIDをサポートしており、GSMモデムとして認識します。

usb 1-1.3: USB disconnect, device number 3
usb 1-1.3: new high-speed USB device number 4 using orion-ehci
usb 1-1.3: New USB device found, idVendor=1004, idProduct=6326
usb 1-1.3: New USB device strings: Mfr=1, Product=2, SerialNumber=0
usb 1-1.3: Product: docomo L03D
usb 1-1.3: Manufacturer: NTT DOCOMO, INC.
usbcore: registered new interface driver usbserial
USB Serial support registered for generic
usbcore: registered new interface driver usbserial_generic
usbserial: USB Serial Driver core
USB Serial support registered for GSM modem (1-port)
usbcore: registered new interface driver option
option: v0.7.2:USB Driver for GSM modems
option 1-1.3:1.0: GSM modem (1-port) converter detected
usb 1-1.3: GSM modem (1-port) converter now attached to ttyUSB0
option 1-1.3:1.1: GSM modem (1-port) converter detected
usb 1-1.3: GSM modem (1-port) converter now attached to ttyUSB1
option 1-1.3:1.2: GSM modem (1-port) converter detected
usb 1-1.3: GSM modem (1-port) converter now attached to ttyUSB2
option 1-1.3:1.3: GSM modem (1-port) converter detected
usb 1-1.3: GSM modem (1-port) converter now attached to ttyUSB3

デバイス名は、/dev/ttyUSB0~/dev/ttyUSB3が出てきますが、
ATコマンドでの確認や、pppdでの接続では、/dev/ttyUSB2を使用します。

2. 接続方法


接続は、他のモバイル通信アダプタと同様、pppconfigで設定を行います。

pppconfigをインストールします。

# aptitude install pppconfig

今回は、 IIJ mio 高速モバイル/D用のSIMを使用しました。

APNの設定の確認は、minicomなどの端末プログラムを使用し、以下のコマンドで行います。

AT+CGDCONT?

新たにAPNを割り付ける場合は、ATコマンドで

AT+CGDCONT=n,"IP","iijmio.jp"
( n=cid )

として割り付けてください。

pppconfigの設定は以下の通りです。

Provider Name  mio
Configure Nameservers (DNS)  Dynamic
Authentication Method for test  PAP
User Name  mio@iij
Password  iij
Speed  460800
Pulse or Tone  Tone
Phone Number * 99***<cid>#
Choose Modem Config Method  No
Select Modem Port  Manual
Manually Select Modem Port  /dev/ttyUSB2

eth0や他のインタフェースが有効になっている場合は、/etc/ppp/peers/mioに、以下の行を加えることにより、defaultrouteが変更されます。

replacedefaultroute

また、このアダプタは、回線切断後に、ATHコマンドにより明示的に回線切断を行わないと、再発信が出来ないようで、上記の設定のままでは、2回目以降の発信が出来ません。
/etc/chatscript/mioにて、ATDTコマンドの前に、ATHコマンドを埋め込むことにより、再発信が可能になります。

 :
# modeminit
'' ATZ
'' ATH
# ispnumber
OK-AT-OK "ATDT*99***2#"
# ispconnect
CONNECT \d\c
# prelogin
 :

上記設定により、外部のサーバにアクセス出来ることを確認しました。

# ifconfig ppp0
ppp0      Link encap:Point-to-Point Protocol
          inet addr:10.197.1.210  P-t-P:10.64.64.64  Mask:255.255.255.255
          UP POINTOPOINT RUNNING NOARP MULTICAST  MTU:1500  Metric:1
          RX packets:5 errors:0 dropped:0 overruns:0 frame:0
          TX packets:6 errors:0 dropped:0 overruns:0 carrier:0
          collisions:0 txqueuelen:3
          RX bytes:62 (62.0 B)  TX bytes:101 (101.0 B)


0 件のコメント:

コメントを投稿