2013年1月7日月曜日

[.tested] BGAN EXPLORER500 インマルサット衛星電話 [AX3][A6]

[.tested] BGAN EXPLORER500 インマルサット衛星電話 [AX3][A6]

インマルサットBGANサービス(Inmarsat BGAN : Broadband Global Area Network)は、BGAN衛星電話端末から、宇宙にある人工衛星へ 向けて、無線電波を発信することで、音声通話サービス、FAX通信、データ通信サービスを利用できる通信回線サービスです。
今回テストに使用したEXPLORER500は、最大492kbpsのパケットデータ通信と音声電話サービスをサポートする通信衛星モデムユニットであり、パケットデータ通信により、IP通信サービスによる衛星モデムベースのルータユニットとしても機能します。



仕様については、以下のページを参照してください。

BGANインマルサット衛星電話 ビーギャンエクスプローラー500


1. 外観/接続端子
本モデルは、完全な防水仕様ではないため、屋外に放置して使用することは出来ません。
(災害時には、ビニールの袋等で防水処理をして使用されているようです)

本体横には、PC等を接続するLANポート、およびUSBポート、ACアダプタ端子があります。
バッテリ駆動可能なモデルです。


上部にはLCD操作パネルおよび、方位計があり、本体のみで設置の設定が行えます。



2. 設置/設定
衛星モデムは、通信衛星の向きにユニットを固定する必要があります。
本体にはコンパスが内蔵されていますので、これにより方位を設定し、併せて仰角を設定します。
微調整は、発信音によりナビゲートされ、一連の設置操作は早ければ1~2分で終了します。
基本的に、南側が開けた場所へ設置しますが、窓ガラス内の場合、コーティングなどでGPSの電波の受信が出来ず通信が行えない場合があります。



このユニットは、設置設定が終わったあとは、一般的なWANルータと同じく、LAN内に接続したPCからIP網へのアクセスが可能になります。
ただし、衛星通信であることから、一般的には従量課金を選択していますので、PCからソフトウェア本体やデータのアップデートを行ってしまうと大量のデータパケットが流れてしまい、すぐに契約上限を超えてしまいます。
そのため、PCを接続する場合は、ソフトウェアのデータ更新や、メールのトラフィック等に注意し、安易なWebアクセスなどを行わないように十分に注意する必要があります。

USB端子にAX3およびA6を接続した場合は、USBシリアルデバイスとして認識されます。

usb 1-1: new full-speed USB device number 2 using ehci_marvell usb 1-1: New USB device found, idVendor=10fe, idProduct=0004 usb 1-1: New USB device strings: Mfr=1, Product=2, SerialNumber=3 usb 1-1: Product: EXPLORER 500 usb 1-1: Manufacturer: Thrane & Thrane usb 1-1: SerialNumber: none cdc_acm 1-1:1.0: ttyACM0: USB ACM device cdc_acm 1-1:1.2: ttyACM1: USB ACM device usbcore: registered new interface driver cdc_acm cdc_acm: USB Abstract Control Model driver for USB modems and ISDN adapters

モデムデバイス名は以下の通りです。
crw-rw---- 1 root dialout 166,  0 Dec 21 16:03 ttyACM0 crw-rw---- 1 root dialout 166,  1 Dec 21 16:03 ttyACM1

minicomで atコマンドで コントロールすることが可能です。
(今回、相手先のプロバイダ情報がないため、pppdでの通信テストなどは行っていません)

root@obsax3:~# cat .minirc.dfl # Machine-generated file - use setup menu in minicom to change parameters. pu port /dev/ttyACM0 AT S7=45 S0=0 L1 V1 X4 &c1 E1 Q0 OK
3. IP通信について

今回、試験的にレンタルした端末の契約は、

100KB/80円

上り下りの帯域 128kbpsの 遅延 1400msの 回線を使用し、併せて、通信料の上限を設定しました。

IPアドレスはUK内のプロバイダからのものです。
衛星経由の遅延に関しては、1050 ms の遅延が発生していると考えられます。

MTUサイズは 1470 byets
スピードテストでは 上り下り共に約 128Kbps
となります。

社内からのtraceroute

# traceroute 161.30.22.220 traceroute to 161.30.22.220 (161.30.22.220), 64 hops max, 40 byte packets 1 192.168.10.1 (192.168.10.1) 2.106 ms 1.370 ms 0.852 ms 2 118.23.8.84 (118.23.8.84) 34.581 ms 25.215 ms 14.009 ms 3 118.23.7.161 (118.23.7.161) 14.532 ms 15.100 ms 12.847 ms 4 118.23.96.121 (118.23.96.121) 18.085 ms 18.293 ms 16.144 ms 5 60.37.55.85 (60.37.55.85) 13.862 ms 10.896 ms 9.821 ms 6 60.37.27.91 (60.37.27.91) 10.031 ms 60.37.27.155 (60.37.27.155) 14.856 ms 118.23.168.27 (118.23.168.27) 10.331 ms 7 ae-11.r21.tokyjp01.jp.bb.gin.ntt.net (129.250.12.201) 10.826 ms 16.582 ms 12.414 ms 8 ae-1.r25.tokyjp01.jp.bb.gin.ntt.net (129.250.2.73) 10.590 ms 15.223 ms 18.754 ms 9 as-2.r22.amstnl02.nl.bb.gin.ntt.net (129.250.3.78) 280.397 ms 278.798 ms 271.423 ms 10 peer76-01.ams2.ip.telecity.net (195.69.144.113) 279.727 ms * 277.857 ms 11 border76-01-ams2-te34.telecity.com (80.252.81.154) 278.301 ms 276.132 ms 278.984 ms 12 82.199.70.202 (82.199.70.202) 266.864 ms 275.349 ms 272.905 ms 13 * * * 14 161.30.16.34 (161.30.16.34) 337.590 ms 340.956 ms 345.253 ms
テスト機からの traceroute

# pathping 202.32.197.41 Tracing route to www.plathome.co.jp [202.32.197.41] over a maximum of 30 hops: 0 WindowsXP [192.168.0.4] 1 172.27.9.2 2 172.27.9.17 3 161.30.16.33 4 65.219.15.157 5 500.Serial2-10.GW1.HNL2.ALTER.NET [157.130.205.73] 6 0.so-7-0-0.XL1.HNL2.ALTER.NET [152.63.50.254] 7 0.so-5-0-2.XL3.SJC7.ALTER.NET [152.63.48.6] 8 POS6-0.GW2.SJC7.ALTER.NET [152.63.51.45] 9 iij-america-sjc-gw.customer.alter.net [152.179.48.2] 10 sjc002bf02.IIJ.Net [206.132.169.249] 11 tky001bf01.IIJ.Net [206.132.169.161] 12 tky009bb10.IIJ.Net [58.138.80.174] 13 tky009ipgw11.IIJ.Net [58.138.112.150] 14 tky009ip72.IIJ.Net [58.138.112.122] 15 202.232.12.102 16 dmzgw-global.plathome.co.jp [202.32.197.3] 17 www.plathome.co.jp [202.32.197.41] Computing statistics for 425 seconds... Source to Here This Node/Link Hop RTT Lost/Sent = Pct Lost/Sent = Pct Address 0 WindowsXP [192.168.0.4] 0/ 100 = 0% | 1 1300ms 0/ 100 = 0% 0/ 100 = 0% 172.27.9.2 0/ 100 = 0% | 2 1305ms 0/ 100 = 0% 0/ 100 = 0% 172.27.9.17 0/ 100 = 0% | 3 1306ms 0/ 100 = 0% 0/ 100 = 0% 161.30.16.33 0/ 100 = 0% | 4 1333ms 0/ 100 = 0% 0/ 100 = 0% 65.219.15.157 0/ 100 = 0% | 5 1299ms 0/ 100 = 0% 0/ 100 = 0% 500.Serial2-10.GW1.HNL2.ALTER.NET [157.130.205.73] 0/ 100 = 0% | 6 1333ms 0/ 100 = 0% 0/ 100 = 0% 0.so-7-0-0.XL1.HNL2.ALTER.NET [152.63.50.254] 0/ 100 = 0% | 7 1425ms 0/ 100 = 0% 0/ 100 = 0% 0.so-5-0-2.XL3.SJC7.ALTER.NET [152.63.48.6] 0/ 100 = 0% | 8 1361ms 0/ 100 = 0% 0/ 100 = 0% POS6-0.GW2.SJC7.ALTER.NET [152.63.51.45] 0/ 100 = 0% | 9 1405ms 0/ 100 = 0% 0/ 100 = 0% iij-america-sjc-gw.customer.alter.net [152.179.48.2] 0/ 100 = 0% | 10 1380ms 0/ 100 = 0% 0/ 100 = 0% sjc002bf02.IIJ.Net [206.132.169.249] 0/ 100 = 0% | 11 1479ms 0/ 100 = 0% 0/ 100 = 0% tky001bf01.IIJ.Net [206.132.169.161] 0/ 100 = 0% | 12 1504ms 0/ 100 = 0% 0/ 100 = 0% tky009bb10.IIJ.Net [58.138.80.174] 0/ 100 = 0% | 13 1472ms 0/ 100 = 0% 0/ 100 = 0% tky009ipgw11.IIJ.Net [58.138.112.150] 0/ 100 = 0% | 14 1455ms 0/ 100 = 0% 0/ 100 = 0% tky009ip72.IIJ.Net [58.138.112.122] 0/ 100 = 0% | 15 1469ms 0/ 100 = 0% 0/ 100 = 0% 202.232.12.102 0/ 100 = 0% | 16 --- 100/ 100 =100% 100/ 100 =100% dmzgw-global.plathome.co.jp [202.32.197.3] 0/ 100 = 0% | 17 1443ms 0/ 100 = 0% 0/ 100 = 0% www.plathome.co.jp [202.32.197.41] Trace complete.

MTUサイズ  1470bytesと 確認

# ping -f -l 1472 -n 1 202.32.197.41 Pinging 202.32.197.41 with 1472 bytes of data: Request timed out. Ping statistics for 202.32.197.41: Packets: Sent = 1, Received = 0, Lost = 1 (100% loss), # ping -f -l 1470 -n 1 202.32.197.41 Pinging 202.32.197.41 with 1470 bytes of data: Reply from 202.32.197.41: bytes=1470 time=2642ms TTL=48 Ping statistics for 202.32.197.41: Packets: Sent = 1, Received = 1, Lost = 0 (0% loss), Approximate round trip times in milli-seconds: Minimum = 2642ms, Maximum = 2642ms, Average = 2642ms

スピードテストは、
通信速度測定システム

 Radish Network Speed Testing 東京

を使用しました。結果は以下の通りです。

下り回線      速度  131.8kbps (16.47kByte/sec)      測定品質  77.5 
上り回線      速度  154.1kbps (19.26kByte/sec)      測定品質  74.4 

4. まとめ
今回は、BGAN EXPLORER500によるデータ通信について、その取り回しや遅延などについての検証を行いました。
衛星通信に限らず、3G/2G回線においてもM2Mに於いては通信量の把握は重要な事項であり、OpenBlocksの様なgatewayサーバによりデータの処理やコントロールを行いたいという問い合わせも増えています。

0 件のコメント:

コメントを投稿