2012年6月27日水曜日

【.tested】Logitec LAN-W150N/U2WH(BK) 無線LANアダプタ [AX3]



Logitec LAN-W150N/U2WH(BK)は、802.11b/g/nに対応したUSB無線LANアダプタです。
Openblocks AX3での動作検証を行いました。



OBDN技術ブログによる動作検証は、該当するデバイスの動作を保証およびサポートを行うものではありません。
内容に関するご指摘などありましたら、ブログ記事の担当までご連絡下さい。

<検証環境>
OpenBlocks AX3/4 Debian 6.0 kernel: 3.0.6

1. 対応ドライバと事前準備
RT2870を使用しており、AX3のkernel-3.0.6では、rt2800usbドライバでサポートされています。
上記バージョンのrt2800usbドライバには、すでにLAN-W150N/U2WH(BK)のデバイスIDが追加されていますが、カーネルの再構築を行う場合は、CONFIG_RT2800USB=m(またはy)にするだけでなく、CONFIG_RT2800USB_UNKNOWNもyにする必要があります。
(今回使用したカーネルでは再構築の必要はありませんでした)

加えて、このドライバを使用する場合、ralink社のサイトより、
rt2870のファームウェア: rt2870.bin
を取得し、/lib/firmwareの下に置く必要があります。

dmesgでは以下のメッセージが表示されます。

usb 1-1: new high speed USB device number 2 using ehci_marvell
usb 1-1: New USB device found, idVendor=0789, idProduct=0168
usb 1-1: New USB device strings: Mfr=1, Product=2, SerialNumber=3
usb 1-1: Product: 802.11 n WLAN
usb 1-1: Manufacturer: Ralink
usb 1-1: SerialNumber: 1.0

インタフェースはwlan0となります。

2. wpasupplicantパッケージの導入と設定
一般的なWPAやWPA2での接続をするため、wpasupplicantパッケージを導入します。

# aptitude install wpasupplicant

wpa_supplicantの設定ファイルの雛形を作るために、次のコマンド

# wpa_passphrase SSID パスフレーズ  > /etc/wpa_supplicant/wpa_supplicant.conf

を実行します。SSIDパスフレーズは、使用される環境の設定に置き換えてください。

ファイル/etc/wpa_supplicant/wpa_supplicant.confを編集します。

ssidとpskは記述済みです。必要に応じて設定ファイルを変更してください。
WPA-PSK/WPA2-PSKの例は以下の通りです。

network={
        ssid="SSID"
        key_mgmt=WPA-PSK
        proto=WPA WPA2
        pairwise=CCMP TKIP
        group=CCMP TKIP
        #psk="パスフレーズ"
        psk=暗号化されたパスフレーズ
}

3. インタフェースの設定
/etc/network/interfacesに、以下の行

auto wlan0
iface wlan0 inet dhcp
wpa-conf        /etc/wpa_supplicant/wpa_supplicant.conf

を追加します。
インタフェースをupするために次のコマンド

# ifup wlan0

を実行します。
ifconfigコマンドでIPアドレスを確認します。

wlan0     Link encap:Ethernet  HWaddr 00:01:8e:61:7e:f8
          inet addr:192.168.10.83  Bcast:192.168.10.255  Mask:255.255.255.0
          inet6 addr: 2409:10:320:0:201:8eff:fe61:7ef8/64 Scope:Global
          inet6 addr: fe80::201:8eff:fe61:7ef8/64 Scope:Link
          UP BROADCAST RUNNING MULTICAST  MTU:1500  Metric:1
          RX packets:582 errors:0 dropped:0 overruns:0 frame:0
          TX packets:165 errors:0 dropped:0 overruns:0 carrier:0
          collisions:0 txqueuelen:1000
          RX bytes:116190 (113.4 KiB)  TX bytes:16983 (16.5 KiB)

以上の手順により、無線LAN USBアダプタを挿入したまま本体を起動すると、wpa_supplicantが起動され、DHCPサーバからIPアドレスを取得します。

同様にrt2870を使用した他社のデバイスに関しても順次テストし、報告する予定です。





[PR]

0 件のコメント:

コメントを投稿