2012年3月12日月曜日

【最新ITトピック】 FacebookやTwitterとの付き合い方以前の問題として

最近、デマの拡散についての話題がTLに頻繁に出てきます。
直近では、「被災者姉妹の最後のメール」でしょうか。真偽についてはまだ明らかにはされていないものの、拡散している時点では、限りなく黒に近いグレーの様な状況だったと思います。
自分は、この手のものはまず「作家物」としてレッテルを貼ってしまう、ヒネクレた性格なのですが、ヒネクレていなくとも、直情的に何かを右から左に回してしまうのはどうかと思います。
自身でも、FBに「流れがあると感じているなら、自分がそれに乗らなくたって勝手に流れる」とは書いていますが、ogochanが自身のblogのエントリにまとめているので、こちらの方が分かり易いでしょう。

僕が拡散に参加しなかったわけ

拡散すること=自身もその情報ソースの発信元の一部となる、ということは常に頭に入れておく必要があります。
当然ですが、デマであっても自身の目論見に合っていればあえて拡散するということもあります。様々な目論見があって、デマは拡散されているのです。

0 件のコメント:

コメントを投稿